2019年度の始まりにあたり  渡邊博美会頭あいさつ

足腰の強い「健都ふくしま」を目指して
 新生ふくしま~さらなる挑戦~
                                         福島商工会議所 会頭  渡邊博美

 東日本大震災から8年が経過する中、福島市の経済はいまだ続く風評や復興需要の ピークアウトなど課題が山積しています。また、昨年実施した会員実態調査において、 会員事業所が直面している経営課題として「売上・受注の減少」、「人手不足・人材 難」を挙げる回答が多く寄せられました。さらに本年10月には消費税率引上げと軽減 税率の導入が予定されており、企業を取り巻く環境は大変厳しい状況にあります。

 

 私たちはこうした課題を的確に捉え、経営発達支援計画に基づき、事業者に寄り添っ た伴走型支援を推進し、生産性向上や販路開拓、新分野進出の後押し、円滑な事業承 継など経営課題の解決につながる事業に積極的に取り組んでまいります。

 

 一方で明るい話題もあります。6月の「東北絆まつり2019福島」、全面リニューア ルされる8月の「第50回福島わらじまつり」は福島の元気を国内外に発信する絶好の チャンスであります。さらに来年4月からは福島市が生んだ昭和の大作曲家・古関裕 而氏夫妻をモデルにしたNHK朝の連続テレビ小説「エール」の放映が決定し、同年7月 には東京2020オリンピック・パラリンピックが開催され、福島市では野球・ソフトボ ール競技が開催されます。東北中央自動車道の整備も着実に進展し、交流人口の拡大 が一層期待される中、福島市の魅力を高めるために、インバウンド対応も含め、おも てなしサービスの向上に努めてまいります。

 

 中心市街地においては、昨年12月に福島市が「風格ある県都を目指すまちづくり構 想」を公表しました。福島駅東口再開発事業が動き出す中、賑わいと魅力あふれる中 心市街地を実現するために幅広い世代が参画し、世代を超えて集える賑わい創出イベ ント等を積極的に実施し、地域経済の活性化を図ってまいります。

 

 市民・企業・地域社会の元気をつくるため、本年は基本理念を「足腰の強い『県都 ふくしま』を目指して」と
掲げ、「新生ふくしま~さらなる挑戦~」を年間テーマに「ふくしま将来 ビジョン」の実現に掲げたアクションプランを着実に展開しながら、①福島駅周辺を 核とする中心市街地の活性化、②県境を越えた広域連携の推進、③会員事業所のニー ズに対応し、個社に寄り添った中小企業支援の充実、④観光振興および交流人口拡大 対策の推進、⑤議員・役員改選と組織・財政基盤の強化を重点施策として各種事業を 着実に実行してまいります。

 

 会員事業所の発展と地域の活性化のため、さらに現場主義に徹しながらオール福島 で福島市の発展のために全力で取り組んでまいります。


更新日: 2019年4月2日