【セミナー】 お客のためにならない物でも、利益のために売りますか?(3月27日開催)

商売繁盛塾 いよいよ最終回 ・・・

 

「お客様のために売らない

            それもお客様のため」

 ~ チェーンストアと対極の商いで年間11万足の販売実績 ~

 

 

福島商工会議所が福島商人を対象に3年前より開催してきた商売繁盛塾。今年度の最終回をお引き受けいただいたのは、小売業の三ツ星繁盛店 株式会社フタバスポーツ 創業者 橋本正彦様です。

「お客様が減った」「売上が上がらない」・・・しかし、入っているお店にはお客様は入っています。消費者の意識や買い物の仕方、商環境が大きく変わる中で、既存の考えや商売を時代やお客様のニーズに合わせ、商売の本質を失わずにいかに変えていくのか。変えなくても繁盛しているお店もあります。繁盛店は、表現は違えども、みな同じものをもっています。

 

お話

 

橋本 正彦    KIMIHIKO HASHIMOTO

株式会社フタバスポーツ 創業者

 

本社所在地  埼玉県朝霞市幸町3-4-15

公式ホームページ http://www.futaba-sp.com/ (外部リンク)

 

 

企業紹介・講演概要

雑誌「商業界」で全国3つ星繁盛店として紹介される同社。社長の橋本氏は、立教大学にて4年間、箱根駅伝の選手として出場した経歴をもつ。昭和37年に埼玉県朝霞市で約7坪のスポーツ店を始め、現在は、3店舗(合計約1000坪)でサッカー用品を主にスポーツ用品全般を扱う。「お店は社長や従業員の為ではなく、もちろんスポーツメーカーの為でもなく、お客様の為に存在する」ことを理念に、お客に有利な商いを毎日、具体的に実践することで年間11万足以上を販売し、年商は25億円。商品を売ることが目的ではなく、スポーツを楽しみ、良いプレーをしてもらうためだからこそ、足にあわないシューズは頼まれても売らない。右足と左足のサイズが違えば、別々のサイズで売る。テクニックではないお客のための公正な商売だからこそ、消費者に支持される。小売業の不振は景気やネット、チェーンストアの影響だけなのか・・・。

橋本氏が創業以降から培ってこられたご商売をお話いただきます。

 

【フタバスポーツの企業理念】 

1.店はお客様のためにある

2.損得より先に善悪を考えよう

3.お客様に有利な商いを毎日続けよう

 (フタバスポーツ ホームページより) http://www.futaba-sp.com/ (外部リンク)

 

とき

平成29年27日(月) 午後6時30分~午後8時

ところ

福島商工会議所 会議室 (コラッセふくしま8階)

受講料

お1人様 1,000円(当日、受付にてお預かりさせて頂きます)

定員

50

申込方法

受講決定通知の送付はいたしません。定員超過の場合のみご連絡いたします。

①FAXの場合  チラシ兼申込書に必要事項を記入し、FAX(525-3566)宛にご送付ください。

            ‣  チラシ兼申込書(PDF FILE:540KB)

 

②メールの場合 弊所の問合せフォームの「お問合せ内容欄」に下記事項を入力し送信してください。

            ‣ http://www.fukushima-cci.or.jp/?page_id=21

             ‣ 事業所名と業種

             ‣ 受講者氏名とお役職

             ‣ 連絡先 TEL・FAX

お問合せ

福島商工会議所 経営支援課  TEL536-3900 (直通) FAX525-3566

※月~金(土日祝祭日は休み) 8:30-17:00


更新日: 2017年3月17日