加工食品の放射性物質測定

 福島商工会議所では、東京電力(株)第一原子力発電所事故による風評被害の払拭に向け、加工食品を対象とした放射性物質測定装置(ゲルマニウム半導体)によるスクリーニング検査を実施しています。

対象企業

福島県内の加工食品業者

検査対象物

福島県内で製造して、出荷・販売する加工食品(菓子類、麺類、惣菜類、醸造品類等)
※検査対象外品:飲料水、乳幼児食品、牛乳、茶

使用検査装置

使用検査装置の写真TB150Bベクレルモニター(ゲルマニウム半導体検出器)
(株)テクノエーピー 製(茨城県ひたちなか市)

検査費用

無料

申込方法

  1. 検査を希望される2日前までに、事前予約をお願いします。
  2. 検査前日までに福島商工会議所までお越し下さい。
    検査申込書をご記入頂きます。
    検査に関するご説明と検査試料を入れる専用容器をお渡し致します。

スクリーニング検査

  1. 検査日に粉砕などの処理をした試料をお渡しした専用容器に入れてご持参下さい。
  2. 検査は弊所職員が実施致します。
  3. 検査所要時間は、1試料につき約45分程度かかります。

検査結果

「スクリーニング検査結果報告書」をお渡し致します。

注意事項

  1. この検査は、数分から数十分間の測定により放射性セシウムが一定量以上の有無を選別する検査です。
    発行する同報告書は、公式な検査証明書としての効力はありません。
  2. この検査により基準値(100ベクレル)を超えた場合は、福島県への報告が義務付けられています。
  3. 測定に使用した試料は全て検査後にお持ち帰り頂きます。弊所ではお預かりできません。

お問合せ

総合企画課
TEL:024-536-5511