新型コロナウイルス感染症拡大防止 協力金・一時金(申請開始)

会員事業所の皆様へ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、県の要請に応じて施設の休止や営業時間の短縮に協力される法人・個人事業主の皆様に協力金等が交付されますので、該当する事業所はご確認ください。 申請書類等は、正式発表されしだい改めてお知らせいたします。

 

福島県緊急特別対策の概要

  対象事業者(県内に本社本店がある) 交付要件等 交付額 申請受付

時短協力金

福島県内で飲食店営業許可を受けた下記の店舗

 

・接待を伴う飲食店

・酒類を提供する飲食店

(午後8時~午前時迄の時間帯を含む営業していること)

 

対象外店舗あり(県HPの対象業種一覧で確認下さい。)

【外部リンク:福島県HP Q&A】

☞2ページのQ6をご覧ください。

 

【協力する時短内容】

令和3年

5/15㊏ 午後時~

6/1午前時迄

 

※酒類の提供: 午前11時午後7時迄

 

※協力金申請には、時短営業の案内掲示が必要となる見込みです。 見本 ☞【外部リンク:福島県HP PDFファイル/628KB

(注意)必ず記録写真を撮っておいてください

前年度または前々年度の1日の売上高で判断(※1下表を参照)

 

【中小企業】

「売上高方式」 または 「売上高減少方式」のどちらか

 

【大企業】

「売上高減少方式」

令和3年

6/1㊋~7/30

一時金

福島県緊急特別対策の対象事業者ではない、この特別対策に伴い影響を受けた事業者

 

①直接・間接の取引がある飲食店の時短営業による影響を受け、売上が減少した中小法人・個人事業者等

(農業者・漁業者、飲食料品・割り箸・おしぼりなど飲食業に提供される財・サービスの供給者を想定)

 

②不要不急の外出自粛により直接的影響を受け、売上が減少した中小法人・個人事業者等

(旅館、土産物屋、観光施設、タクシー事業者、運転代行事業者、理美容室等の人流減少の影響を受けた者を想定)

【売上高の減少

令和1年又は2年

⇔(対比) 令和3年

 

30% 以上減少

一律 20 万円 令和3年

6/1㊋~7/30

※1 交付額の計算 (引用:福島県HPより)

【時短協力金交付額単価】

 

協力金交付金額の目安表 [Excelファイル/26KB] (引用:福島県HP)

前年度又は前々年度の1日あたりの売上高
~83,333円 83,333円~25万円 25万円~
中小企業 A 売上高方式 2.5万円/日 2.5~7.5万円/日 7.5万円/日
B 売上高減少方式 【計算式】1日当たりの協力金額=前年度または前々年度からの1日当たり売上高減少額×0.4

【上限額】20万円又は前年度か前々年度の1日〃あたりの売上高×0.3のいずれか低い額

大企業(売上高減少方式) 【計算式】1日当たりの協力金額=前年度または前々年度からの1日当たり売上高減少額×0.4

【上限額】20万円又は前年度か前々年度の1日〃あたりの売上高×0.3のいずれか低い額

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金

 →  申請書類はこちらから(福島県ホームページ)

売上の減少した中小事業者に対する一時金(本県版一時金第2弾)

 →  申請書類はこちらから(福島県ホームページ)

 

 

問合せ・相談窓口  福島県時短要請コールセンター ※福島県HPでもご確認ください。

☎024-521-8562(毎日9:00~17:00)

 

福島商工会議所 中小企業相談所 TEL024-536-3900


更新日: 2021年6月4日