ホーム » コロナウイルス関連情報 » 所報7月号を発行しました

所報7月号を発行しました

所報7月号を発行しました

会員事業所に毎月お届けしている福島商工会議所の所報『ふくしま』。
コロナ禍を乗り越えようと奮闘している企業、コロナ対策支援情報や当所主催のセミナー・イベントのお知らせ、地域の情報を身近に感じていただける誌面づくりに努めています。
ぜひ手に取っていただき、当所の各種経営支援やサービスもご利用ください。

7月号はこちらからご覧いただけます。
所報ふくしま2022年7月号[PDF:8MB]

【7月号の内容】
◇特集
より魅力のある福島へ
福島駅東口再開発事業 工事が始動
福島駅東口で計画されている市街地再開発事業が6月に県の認可を受けて、
令和8年度の竣工を目指して本格的な工事が始まります。
「県都ふくしま」の顔となる新たな街づくり計画がどのようなものかを
ご紹介するとともに、工事期間中さらには竣工後の街づくりに期待を
寄せる人々の声をご紹介します。
[主な内容]
・工事計画
・半世紀ぶりの再々開発 所報で振り返る再開発
・再開発への期待

《このほかの記事》
◇誌上講演
パワハラ しない・させない職場づくり
◇福島の夢追い人 第8回

海草を通じて健康のお手伝い
有限会社油井海草店 

代表取締役 藤田佳子さん・直史さん
◇こちら中小企業相談所
令和4年福島県沖地震で被害を受けた施設・設備の復旧に活用

できる「福島県中小企業等グループ補助金」
福島商工会議所グループのご案内
◇適格請求書(インボイス)発行事業者の登録申請が始まっています
◇3年ぶりの熱い夏へ 第53回福島わらじまつり

◇連載・職場のかんたんメンタルヘルス
「過緊張を解消し、ストレスの解消を」
◇会員ビジネスボード 

所報をお届けする封筒を紙製に変えました
当所は、会員事業所のSDGs(持続可能な開発目標)への対応を推進・支援するとともに、当所も対応を図ってまいります。
まずは、SDGsの理念に基づき活動に取り組む工業部会の提案にて、所報をお届けする封筒を従来のプラスチック系からFSC森林認証の紙製に2022年4月号から変えました。
日本商工会議所が提唱している商工会議所環境アクションプラン策定を見据えて、当所の事業活動においても環境負荷削減およびリサイクル推進に関する提案を受け、カーボンニュートラルの推進を図ります。
古紙リサイクルができる封筒となっておりますので、ぜひ分別処分を進めていただき、会員事業所におかれましても出来ることからSDGsにお取組みいただければと考えております。

◆所報に関するお問合せ
総合企画課 電話024-572-7117(直通)