ホーム » 最新情報 » 高病原性鳥インフルエンザに関する正しい知識を持ちましょう

高病原性鳥インフルエンザに関する正しい知識を持ちましょう

令和4年11月29日、本県で初めて高病原性鳥インフルエンザの家禽(きん)類が
確認されました。現在、県による防疫措置が講じられています。

食品安全委員会は「わが国の現状において、家禽の肉や卵を食べることにより、
ヒトが鳥インフルエンザウイルスに感染する可能性はないと考えている。」と
しております。

会員事業所の皆様におかれましては、本病に関する正確な知識のもと、本県産の
家禽の肉および卵の取扱いについて不適切な告知や、発生した県産であること
のみを理由とした取引拒否等が行われることのないよう、正確な知識の普及に
特段のご配慮を願います。

○鳥インフルエンザウイルスは熱に弱く、WHO(世界保健機関)によると、
ウイルスは適切な加熱により死滅するとされており、食品を十分に加熱
調理して食べれば感染の心配はありません。
○鳥インフルエンザウイルスは酸に弱く、ヒトの体内で胃酸等の消化液に
より死滅すると考えられています。

福島県農林水産部からのお知らせ[PDF:292KB]