ふくしま将来ビジョン~足腰の強い「健都ふくしま」を目指して~を策定しました

東日本大震災から6年を経過し、国の施策も復興・創生期間を迎え、地方には、未だ多くの課題を抱えてはいるものの、自立実現に向けた取組みが求められています。

 

福島市が新の復興・再生を果たすためには、課題の解決を個々(点)で考えるのではなく総合的(面)に捉え、「福島市は何を目指すのか」といった目標(ビジョン)を明確にし、それに向けて取り組むことが必要です。

 

当所では、平成29年の創立100周年を機に、福島市の目指す目標を改めて示すとともに、目標達成に向け取り組むべき課題とそれに対する施策、福島商工会議所の役割を明確にすることを目的とした「ふくしま将来ビジョン」の策定を行いました。

 

 

ふくしま将来ビジョン

全編[PDF:2.93MB] 

 

概念図

 概念図[PDF:3.21MB]

 

ビジョンの構成

Ⅰ ビジョンの概要

 1.ビジョン策定の目的

 2.ビジョン策定の経緯

 3.ビジョンの理念

 4.目標年次

 5.ビジョン実現に向けた今後の具体的な取組み

 6.概念図

 

Ⅱ 福島市の課題

 

Ⅲ 足腰の強い「健都ふくしま」の実現に向けた施策

 1.福島駅周辺を核とする中心市街地の活性化

 2.福島市の都市形成及び居住環境整備

 3.中小企業支援策の充実

 4.観光振興及び交流人口拡大対策の推進

 

詳細はこちら



ビジョン実現に向けた今後の具体的な取組み

ビジョンは、福島市の真の復興・再生に向けてのスタートラインであり、その実現に向けた具体的な取組み(アクションプラン)が何よりも重要となります。

そこで福島商工会議所として今後、次のような取組みを行い、ビジョン実現を目指します。

1.ビジョン実現に向けたアクションプランの策定

2.福島市をはじめとする関係機関への提言並びに要望活動の実施

3.福島商工会議所会員への周知

4.アクションプランに基づいた、短期・中期・長期の具体的事業の展開

 

お問合せ

総合企画課

TEL:024-536-5511


更新日: 2017年2月3日