商工会議所とは

それは「企業と地域の応援団」。
日本資本主義の父といわれ、道徳経済合一説を説いた渋沢栄一翁の提唱から始まりました。
日本の企業と地域を元気にしたいと願う民意の結晶から生まれた経済団体で、国や自治体につくられた団体ではありません。
きょうも全国515の商工会議所が、日本経済の明日を拓くための取り組みを続けています。

商工会議所を知ってもらうキャンペーンはこちら(新ウインドウで表示します)

商工会議所のミッション

  1. 地域と企業のための政策提言・要望
  2. 中小企業の支援(経営相談、金融相談、ビジネス交流、国際化支援、共済制度、創業支援 etc)
  3. 地域経済の活性化(地域振興、観光振興、まちづくり、消費喚起 etc)

日本の経済3団体

日本商工会議所

日本商工会議所

商工会議所は、日本企業の代表として海外の政財界の要人とも民間外交を展開しています。
また、全国515の商工会議所は、企業支援のほかにも地域社会に貢献するために、伝統的なお祭りやイベントの運営にも携わり、世界経済や地域経済にも幅広く貢献しています。民間企業の代表として日本の経済3団体と認知され、国が政策決定する際にも意見を求められます。

日本商工会議所(新ウインドウで表示します)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 東京商工会議所ビル6F TEL:03-3283-7823

商工会議所のシンボルマーク

シンボルマーク

商工会議所マークは、商工会議所の英語名 CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY の頭文字CCIを図案化したもので、昭和32年に日本商工会議所が全国から募集し、1等に入選した作品です。