青年部概要

椎根克典会長 東日本大震災において福島県は大きなダメージを受けましたが、あれから4年の月日が経ち、徐々にではあるが“復興”の兆しも見えてきています。

この春から始まった日本最大規模の大型観光キャンペーンや、福島駅前のリニューアル計画、大型病院施設の移転に伴う市街地の再開発など、明るい材料も増えてきており、“復興”に向けた機運も高まってきています。

そのような中、我々福島市商店街連合会青年部に所属する会員も、その活性化の動きを的確に捉え、さらに加速させていくための活動をしていかなければなりません。

そのため、本年度は、「総務委員会」・「まちづくり委員会」・「ゆめづくり委員会」の3つの委員会を軸に主な活動を展開いたします。総務委員会は、商店街ラジオ・ホームページ・SNSを活用することによる情報発信を図ります。まちづくり委員会は、福島わらじまつりへの積極的な参画を始め、前年度成功を収めたハロウィンふくしまの事業を継続して展開して参ります。ゆめづくり委員会は、WiFiといった新たな情報インフラを活用した商店街への顧客の回遊性の模索を行って参ります。

この他、(公社)福島青年会議所や福島商工会議所青年部等の他青年団体との連携も密に図り、福島市の発展に寄与していく活動を積極的に展開して参ります。

○目的

本会は、若い経営者の情熱と強い団結とにより、経営技術の近代化を図ると共に、知識の高揚に努め、会員相互の親睦を図り、以って経済的地位の向上と、併せて福島市商店街連合会の事業発展に寄与することを目的とする。

○事業(※は重点事業)

1.青年部の組織運営に関する研究事業

  1. 会員増強活動の展開(※)
  2. 商店街ラジオの企画及び実施(※)
  3. ホームページ運営による広報活動(※)
  4. 視察研修会の企画及び実施
  5. 会員名簿の作成及び会員各種データの整理
  6. 他団体との交流及び連携の強化
  7. 会員啓発に係るセミナー等の開催

2.商店街活性化事業の推進

  1. まちづくり・商店街活性化事業の企画及び運営(※)・商店街の日イベントの企画及び運営・ハロウィンふくしまの企画及び運営
  2. まちなかWiFi化計画(※)
  3. まつり関連事業への企画提言及び協力
  4. 産学連携事業の強化
  5. 福島の食を通じたまちづくり事業

3.親睦事業

  1. 商店街親睦事業の開催(親会共催)(※)
  2. 会員親睦及び研修事業の企画・実施

4.福島市商店街連合会事業に対する協力

  1. 逸品アカデミー
  2. ふくしまふれあい商店街朝市
  3. (仮称)午後の市

5.その他本青年部の目的達成に必要な事業

福島市商店街連合会組織図(PDF)

○入会及び各種お問い合わせ

福島市商店街連合会青年部
(電話024-536-5511/FAX024-525-3566)
〒960-8053 福島市三河南町1-20
福島商工会議所事業推進部

Comments are closed.